Kozmo(コズモ)−シーミウズ/Kozmo Soartroopers》

効果モンスター
星3/闇属性/サイキック族/攻1000/守1000
「Kozmo−シーミウズ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。
手札からレベル4以上の「Kozmo」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、1000LPを払い、
自分の墓地のサイキック族の「Kozmo」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 EXTRA PACK 2016で登場した闇属性サイキック族下級モンスター
 サイキック族Kozmo共通の誘発即時効果ライフコストKozmo蘇生する起動効果を持つ。

 (1)の共通効果については《Kozmo−ドロッセル》を参照。

 (2)はライフコスト1000を払うことでサイキック族Kozmo完全蘇生が行える。
 しかし、Kozmo除外を多用するため、墓地蘇生対象が存在しない状況が多い。
 主力である機械族Kozmo蘇生もできず、Kozmoエクシーズ召喚しなくとも十分なので、このカードメリットもそこまで大きくない。
 このカードを使うのであれば、《Kozmo−フェルブラン》墓地を肥やす等の工夫は必要になるだろう。

  1. 《緊急テレポート》もしくは《Kozmo−フォルミート》でこのカード特殊召喚し、《地獄の暴走召喚》同名カード2体を展開
  2. 《Kozmo−シーミウズ》2体で《M.X−セイバー インヴォーカー》エクシーズ召喚し、その効果《アマゾネスの射手》リクルート
  3. 《アマゾネスの射手》効果《M.X−セイバー インヴォーカー》を含むモンスター2体を射出後、《脳開発研究所》発動
  4. フィールドに残った《Kozmo−シーミウズ》の効果墓地同名カード蘇生蘇生した《Kozmo−シーミウズ》で墓地に残る1体も蘇生
  5. 《アマゾネスの射手》蘇生効果を使用した《Kozmo−シーミウズ》2体を射出
  6. 以後iv.→v.を繰り返す
  • マンドリルのような顔と、背中に翼を持つ事から、『オズの魔法使い』側のモチーフは西の悪い魔女の手下である「空飛ぶ猿」であろう。
    『スター・ウォーズ』側のモチーフは、黒装束に身を包んだ敵兵である「TIEファイター・パイロット」と思われる。
    兵装の形状や英語名からすると、帝国の兵士「ストーム・トルーパー」及びその前身である「クローン・トルーパー」も元ネタであると見られる。
    • カード名の「シーミウズ」は、英語でサルや類人猿を意味する「Simian(シミアン)」と、ラテン語でカラスを意味する「Corvus(コルウス)」を組み合わせていると思われる。
    • 英語名の「Soar」は英語で「飛翔」「滑空」などを意味する。
  • 元々は、TCG版Breakers of Shadowで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。

関連カード

―《Kozmo−シーミウズ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《Kozmo−シーミウズ》 モンスター 効果モンスター 星3 闇属性 サイキック族 攻1000 守1000 Kozmo

広告