墓地を肥やす

 意図的に、自らのカード墓地へ送ること。
 「墓地アドバンテージを稼ぐ」「墓地リソースを稼ぐ」とほぼ同意。
 《死者蘇生》《死者転生》等の蘇生サルベージカードを用いる際、重要な要素である。
 また《カオス・ソーサラー》《カオス・ネクロマンサー》等の、墓地除外・参照するカードを使用する際にも重要視される。

 手札フィールド上からカード墓地へ送る行為も該当するが、ディスアドバンテージを回避する為、デッキから行うのが一般的である。

  • アニメ5D'sでは「遊星vs鷹栖」戦において、遊星が鷹栖の仕掛けたデッキ破壊の結果による豊富な墓地カードを利用し、逆転を収めた。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsベクター」(2戦目)でベクターのデッキ破壊を受けた際、遊馬はそれまであまり使わなかった墓地カードを駆使する戦術を取った。
  • 「モンスターとの絆を大切にする」という作風故か、墓地を肥やす戦術を取るのは悪役やそれに寄ったデュエリストが多い。
    またレベッカやヘルカイザー亮が墓地カードを送った際、ギャラリーから咎められていた。
    味方側が墓地を活用する場合は、相手デッキ破壊を利用するというものが殆どである。
    「十代vsミスターT(ヨハン)」戦にてミスターT(ヨハン)が通常罠《鉱山爆破》(《針虫の巣窟》参照)で墓地を肥やした際に、十代が「自分デッキを破壊するなど、なんのつもりだ?」と言っているが、そういう十代も《カードガンナー》や《テイク・オーバー5》などの墓地肥やしに特化したカードを使用している。

関連カード

自分デッキの一番上からカード墓地へ送るコストを持つカード

自分デッキの一番上からカード墓地へ送る効果を持つカード

カードをめくる処理がある

カード確認する処理がある

お互いデッキから

ライトロード及びライトロードサポートカード

森羅(めくる工程あり)

自分デッキからカードを選んで墓地へ送るコストを持つカード

自分デッキからカードを選んで墓地へ送る効果を持つカード

関連リンク

広告