天威無崩(てんいむほう)()

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
効果モンスター以外の表側表示モンスターは、モンスターの効果を受けない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに効果モンスター以外のモンスターが存在し、
相手が効果モンスターを特殊召喚した場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

 RISING RAMPAGEで登場するフィールド魔法
 効果モンスター以外のモンスターモンスター効果への耐性を付与する効果相手効果モンスター特殊召喚トリガーに2枚ドローする効果を持つ。

 効果はいずれも自分フィールドに「効果モンスター以外のモンスター」が存在する事を条件とするので、それらを主軸とするデッキが採用先となる。
 天威以外では、【通常モンスター】【トークン】及びそれらに類するデッキなどが主な候補。
 【ブラック・マジシャン】【青眼の白龍】【真紅眼の黒竜】【ネオスビート】等の、特定の通常モンスターを中心とするデッキでも条件が満たしやすい。
 《青眼の究極竜》《メテオ・ブラック・ドラゴン》など、後発のリメイクモンスターによって立場が狭くなっていたそれらのカードを採用する利点も生まれたと言える。

 (1)は効果モンスター以外のモンスターに対するモンスター効果への耐性付与。
 モンスター効果による除去弱体化を回避できるので場持ちが良くなるが、このカード自身には耐性は無いので過信はできない。
 戦闘破壊も要警戒であり、なるべくなら高ステータスモンスターを用意するか戦闘補助や除去と併用したい。
 また、相手効果モンスター以外のモンスターにも耐性を与えてしまう点は注意。

 (2)は効果モンスター以外のモンスターが存在する場合に発動できる2枚ドロー
 殆どのデッキ効果モンスター特殊召喚するためトリガーは特に気にせずとも満たせるだろう。
 1ターンに1度だけだが、自分相手ターンで1度ずつ発動できれば4枚ものドローが可能となるので、場合によっては大幅なハンド・アドバンテージを稼げる。

 総じて上記で述べたデッキでは有用なカードであり、特に対モンスター性能という点では、相手は下手に展開してもドローされるだけの結果に終わる可能性もあるので強く出れる。
 一方、魔法・罠カードに対する耐性はこのカードモンスター双方に全く無いので弱点となる。
 また、壊獣といった一部の効果モンスターはこのカードの影響をすり抜けつつこちらのモンスター除去してくる事も覚えておきたい。

  • カード名の「天威無崩」は「天衣無縫」の捩りだろう。
    「天衣無縫」とは「完全無欠で美しいさま」を表す。
  • Vジャンプ(2019年5月号)によれば、「天威無崩」は“天威流”の極意であるとのこと。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《天威無崩の地》 魔法 フィールド魔法

広告