《カラクリ忍者(にんじゃ) 七七四九(ナナシック)/Karakuri Ninja mdl 7749 "Nanashick"》

効果モンスター
星5/地属性/機械族/攻2200/守1800
このカードは攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、
このカードの表示形式を変更する。
このカードが召喚に成功した時、
自分フィールド上に表側守備表示で存在する「カラクリ」と名のついたモンスターの数だけ、
自分のデッキからカードをドローする事ができる。

 EXTREME VICTORYで登場した地属性機械族上級モンスター
 カラクリ共通の効果と、召喚に成功した時に自分守備表示カラクリの数だけドローする誘発効果を持つ。
 アドバンス召喚に成功した時ではないため《スター・ブラスト》レベルを下げて通常召喚しても効果発動できる。

 自身が効果解決時守備表示のケースも考えれば最大で5枚ドローが可能である。
 しかし効果を使うには、アドバンス召喚《死皇帝の陵墓》を使っての召喚をする必要がある。
 結果としてこの自身を守備表示にできたならともかく、リリースにより守備表示カラクリを1体減らして出てくると考えると効率が悪い。

 《カラクリ小町 弐弐四》《機械複製術》で2体守備表示特殊召喚し、《カラクリ小町 弐弐四》効果《カラクリ小町 弐弐四》1体をリリースして、このカード召喚すれば2枚ドローが可能。
 さらに残った《カラクリ小町 弐弐四》1体とこのカードで《カラクリ大将軍 無零怒》シンクロ召喚し、《カラクリ大将軍 無零怒》効果リクルートしたカラクリともう一体の《カラクリ小町 弐弐四》で連続シンクロ召喚をするといった芸当も可能である。

 上級モンスターである点に注目し、効果は無視して《カラクリ将軍 無零》リクルートし、高レベルシンクロモンスターシンクロ召喚を狙うのもありだろうか。
 カラクリではシンクロモンスター以外で初の上級モンスターであり、《風雲カラクリ城》など呼び出す手段自体は豊富である。

 出しやすさやサポートを考えれば【カラクリ】でも活かしやすいが、結局のところサポート頼みな点は否めない。
 そもそも【カラクリ】は他のサポートのお陰で手札リカバリーの効率が良く、高レベルシンクロモンスターを狙う場合でも《簡易融合》《太陽風帆船》が存在する。
 このカードならではの利点が少ないのが何よりの欠点であり、上級モンスターの中でも低い攻撃力の事もあって、優先順位は低くなりがちである。

  • 3体目のカラクリ忍者
    名前の由来は、おそらく九九の7×7=49。
    「掛け算の答えが9」という共通点がなくなったが、まだ9繋がりではある。

関連カード

収録パック等


Tag: 《カラクリ忍者 七七四九》 効果モンスター モンスター 星5 地属性 機械族 攻2200 守1800 カラクリ 忍者

広告