ロック

 英単語の「Lock(施錠)」の意味。
 永続カードモンスター永続効果によって攻撃リリース効果の発動等を封じる行為。
 ロックデッキはその名の通り相手の動きを拘束してコントロールするデッキのこと。

 対ビートダウンを考えて攻撃召喚特殊召喚を封じる場合が多い。
 また、対魔法カード・対罠カードを考えたタイプも存在している。
 前者は【ロックバーン】【メタビート】、後者は【ジャマキャン】【アロマ・コントロール】【お触れホルス】【魔法族の里】等。

 一般には「手間を掛けて完全に押さえ込むタイプ」と「手軽に拘束をかけて時間を稼ぐタイプ」がある。
 前者はパーミッションの要素を加えることで守りを磐石にし、後者は自分で解除するか相手に崩されることを前提に組まれる。
 カードの発動そのものを拘束するため一度完成すればパーミッションよりも安定し、扱い易い。
 カードパワーのインフレに伴い、現在の環境デッキではこれら二つを両立させたコントロールデッキが主流となっている。
 特にデュエルが高速化した昨今では、「1ターンの間のみ○○できない」というだけの効果すら後者の意味でのロックとして運用できうる。
 具体的には、返しのターンまでに破壊されるか自壊させることを前提に、使い捨てのカードとして《魔封じの芳香》《虚無空間》を運用するデッキ環境レベルで見られる。

 かつてはマッチの場合、《自爆スイッチ》をもっとも有効活用できるデッキタイプであった。
 ロックデッキ永続カードに頼るものが多いため、デッキの内容が知られてしまう2戦目以降はサイドデッキで対策をされ、非常に苦しい戦いになることが多い。
 一方、それに対してロックデッキは、1戦目に勝利している場合に限るが、サイドデッキによって使用カードの多くを共有できる【自爆スイッチ】デッキを変化させることが可能。
 2戦目が引き分けになった場合は1戦目の勝者がマッチの勝者となるので、《自爆スイッチ》発動させさえすればよかったのである。
 現在ではカードプールの増加に伴いかつてよりライフポイントの操作が容易になったことや永続カード除去され易くなったことが影響してか、こうした戦術や考えは廃れていった。
 最近では第9期に【マジエク帝】として一瞬環境に顔を出したものの、やはりサイドデッキによる対策が難しいデッキマッチ戦の醍醐味を崩すためかリミットレギュレーションの変化で消滅した。

  • 原作・アニメにおいて―
    闇バクラが好んでこの戦術を取る他、(全シリーズを通じて)主に敵サイドが使用している。
    デッキ破壊と同じく、「限られた行動しか取れない状況下でいかに主人公が逆転するか」を見せる事でスリルあるデュエルを展開し、物語を盛り上げられるからだろう。
    なお、一時的に相手攻撃を封じる程度の簡単なロックならば、主人公や味方サイドのキャラクターも時折行っている。
  • 敗北したら飛び降り自殺すると宣言した海馬、仲間とのデスマッチを仕掛けるマリク、野菜を食べないと攻撃させない矢最豊作、第三者を人質に取ったスペクターは、カードを使わないロックを仕掛けているとも言える。
  • アニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンにおいて、龍亞はこの「ロック(lock)」をロックンロールの「ロック(rock)」と勘違いしていた。
    この時龍亞はロックデッキに対して「ロック(rock)な魂の感じられないろっくなデッキじゃないね」とシャレを言ったが、当の自分も本編でロック戦術をとったことを忘れているようだ。
    なお、このレッスンで紹介されたのは攻撃を封じるカードで組んだデッキのことではなく、《炸裂装甲》等の罠カードによる除去攻撃を通さないデッキのことを指して説明していた。
  • アニメ5D'sに登場したガードロボは、遊星を工場の自爆に巻き込む時間稼ぎをするために、永続カードカウンター罠を駆使した強固なロックを築き上げた。
    チーム太陽は、エースモンスターである《眠れる巨人ズシン》を出すまでは【ロックバーン】を軸とした戦術を行っていたが、観客からは「同じことの繰り返しだ」と揶揄されていた。
    あちらの世界ではモンスターが立体映像として動き回り迫力が楽しめるためか、戦闘を行わない戦法や行為は敬遠される傾向にある模様である。
  • アニメZEXALでは、主人公である遊馬が《ゼロゼロック》などで比較的ロック戦術を仕掛ける事がある。
    ある程度ロック色のあるデッキを使うキャッシーや徳之助が仲間にいる事もあってか、作中でもそれほどロック戦術を悪く言う者は登場しない。
    ちなみに遊馬は漫画版でも《光の護封剣》を使用している。

ロックデッキ

関連カード

―「召喚発動の回数」を制限するカードは、1ターンに1度のページを参照。

―「攻撃」を制限するカードは、攻撃攻撃宣言攻撃対象のページを参照。

―「表示形式変更」を制限するカード表示形式のページを参照。

―「指定したゾーンの使用」を不可にするカード《地盤沈下》を参照。

―「モンスターの召喚」を制限するカード
 ※召喚通常召喚モンスターセット特殊召喚反転召喚に対するメタ効果を持つカードはそれぞれ該当のページを参照。

―「モンスターの召喚」を制限するカードデメリット的)
――誓約効果によってモンスターの召喚が制限されるカードについてはそちらを参照。
 ※召喚通常召喚モンスターセット特殊召喚反転召喚に対するメタ効果を持つカードはそれぞれ該当のページを参照。

―「効果発動」を制限するカード
――1ターンに1度など自身の発動回数制限は1ターンに1度のページを参照
――チェーンして発動できなくするカードはチェーンを参照。

――モンスター効果

――魔法カード

――罠カード

――魔法・罠カード

――魔法・罠モンスター効果

―「ドロー」を制限する(ドローロックカード

―「セット」を制限するカード

―「リリース」を制限するカード

―「墓地除外」を制限するカード

―「その他」を制限するカード

関連リンク

広告