大狼雷鳴(オオカミナリ)/Thunderclap Skywolf》

効果モンスター
星7/光属性/雷族/攻2500/守2000
このカードの効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した光属性雷族最上級モンスター
 墓地からの特殊召喚に成功した場合、バトルフェイズを放棄する代わりに相手表側表示モンスターを全て破壊する誘発効果を持つ。

 蘇生するだけで相手表側表示モンスターを一掃することができる。
 「場合」の任意効果なのでタイミングを逃すことがなく、チェーン2以降で蘇生させても確実に効果を使える。
 だが、自分ターンに使うとバトルフェイズを放棄することになるので、やはり相手ターン《リビングデッドの呼び声》等を用いて蘇生させるのが望ましいだろう。
 相手モンスターを展開して総攻撃を仕掛ける時やエンドフェイズ蘇生させれば、相手が整えた布陣を崩した状態で自分ターンを開始できる。

 しかし、公開情報である墓地にこのカードを置く以上、相手に狙いが読まれてしまう可能性が高い。
 また、レベル種族属性の関係上、墓地へ送る手段や蘇生手段が限られているのも悩み所である。
 チェーン2以降での特殊召喚でも効果発動できるとはいえ、相手が展開する前に蘇生カード除去されたり、このカード墓地から離されたりすると無意味となる。
 逆に、このカード墓地にある状態で魔法・罠カードを伏せれば、上記の動きを警戒する相手との駆け引きが生まれる。
 《サンダー・ブレイク》等の手札コストを必要とするフリーチェーンカードと共に《リビングデッドの呼び声》等の蘇生カードを伏せれば、予めこのカード墓地へ送っておく必要がなくなり、奇襲性が高まる。

 《クリバンデット》《カードガンナー》等の墓地を肥やすカードと上記の様な蘇生カードを複数枚投入して、上級モンスター蘇生させる様なデッキならば無理のない採用候補となる。
 また、破壊された時に蘇生効果を持つ《光と闇の竜》などを出してこのカード墓地に置いておけば、除去を躊躇わせることもできる。

  • カード名は「狼」と「雷」を繋ぎ合わせている。
    また、漢字をそのまま読むと「オオ・オオカミ・カミナリ・ナリ」となり、カードの読みを二文字ずつ重ねたものと一致する凝ったネーミングとなっている。
    英語名の「thunderclap」は『雷鳴』や『青天の霹靂』という意味で、「skywolf」は造語だが直訳すると『空の狼』となる。
    日本語名と比べると「大」の要素が抜け、代わりに「空」の要素が含まれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/11/14)


Tag: 《大狼雷鳴》 効果モンスター モンスター 星7 光属性 雷族 攻2500 守2000

広告