魔法の操り人形(マジカル・マリオネット)/Magical Marionette》

効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
このカードに乗っている魔力カウンター1つにつき、
このカードの攻撃力は200ポイントアップする。
また、このカードに乗っている魔力カウンターを2つ取り除く事で、
フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。

 黒魔導の覇者で登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 自身に魔力カウンター置く永続効果、自身に乗っている魔力カウンターの数分自己強化する永続効果、自身の魔力カウンターを2つ取り除くことでフィールド上のモンスター破壊する起動効果を持つ。

 コントローラーを問わず、魔法カード発動の度に魔力カウンターを乗せられる。
 《魔導召喚士 テンペル》《ディメンション・マジック》《マジシャンズ・サークル》などに対応するため、上級モンスターとしては展開しやすい。
 《トランスターン》でも即効性が高く、魔力カウンターのサポートもからめやすい。
 とはいえ上記のサポートカードも2枚以上のカードが絡むため、下級モンスターよりも安定性は落ちる。
 元々の攻撃力自己強化の数値もあまり高くないため、基本的に除去効果を利用できる点を重視したい。

 相手魔法カードも計上するが、ステータスも低めで、自身は耐性も持たないので戦闘破壊効果による除去を受けやすい。
 速攻魔法による防御とは相性が良いものの、《魔導獣 ケルベロス》でも同じような動きは可能。
 あちらと違い戦闘後も強化値は残るが、実際に複数ターン維持するとなると《ガガガシールド》などの補助は必須といえる。
 最低2回の魔法カード発動が必要であるため、除去の有用性を高める意味でも、自分ターンに連続して魔法カード発動できるようにしたい。

 連続サーチ速攻魔法による相手ターンでの防御が可能な魔導書との相性は良好。
 しかし単純にこの用途であれば、より緩い条件で広範囲を除去できる《魔導法士 ジュノン》のほうが使いやすい。
 あちらと違い、《トゥーンのもくじ》魔力カウンターサポートカードに対応する点を利用する必要があるだろう。
 《テラ・フォーミング》から《魔法都市エンディミオン》へと繋いだり、《魔力掌握》などと組み合わせれば、1ターンに複数の除去が狙える点や、強化が累積する点は活かしやすい。
 魔導書と併用し、先の《魔導召喚士 テンペル》《マジカル・コンダクター》からの展開も狙える。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:適用中の永続魔法カードから「効果の発動」がなされた場合、このカード魔力カウンターは乗りますか?
A:いいえ。乗りません。

Q:このカード魔力カウンターを乗せる効果チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ。作りません。


Tag: 《魔法の操り人形》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 魔法使い族 攻2000 守1000

広告