《シールド・ウォリアー/Shield Warrior》

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻 800/守1600
戦闘ダメージ計算時、自分の墓地に存在するこのカードを
ゲームから除外して発動する事ができる。
自分フィールド上に存在するモンスターはその戦闘では破壊されない。

 THE DUELIST GENESISで登場した地属性戦士族下級モンスター
 墓地に存在する時に除外する事で、自分モンスターを一度だけ戦闘破壊から守る誘発即時効果を持つ。

 防御カードとしては、同レベル・同種族攻撃無効にできる《ネクロ・ガードナー》のほぼ下位互換である。
 直接攻撃を防げず、モンスター越しのダメージも防げないという難点があり、守りには向かない。

 むしろ自分ターン発動できる点を活かし、コンボを狙った方が良い。
 攻撃力が同じモンスター攻撃しつつ相打ちを回避したり、《アマゾネスの剣士》《究極封印神エクゾディオス》戦闘破壊されずに攻撃させたりできる。
 また戦闘破壊されてしまうとモンスター効果適用できない《ブレイン・ジャッカー》《ダミー・ゴーレム》霊使い等の効果を利用することもできる。

 ただその用途の場合、同レベル相手に悟られづらい手札誘発である《ガード・ヘッジ》や、汎用性の高い《和睦の使者》という選択肢もある。
 戦士族主体で墓地肥やしを重視する構築ならあるいはといった所だろうか。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALの初期の弾では遊星が使用したり、隠しデッキに入っていたりしたが、第6弾の頃にはどちらからも姿を消した。
    一応アクションデュエルで「モンスターおまかせ」を選んだ場合のみランダムで出現するのだが、アクセラレーションガイド5DUEL TERMINALのゲーム中のみの登場カードリストには名前が書かれていない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《シールド・ウォリアー》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 戦士族 攻800 守1600

広告