《シャドール・ドラゴン/Shaddoll Dragon》

リバース・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1900/守   0
「シャドール・ドラゴン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した闇属性魔法使い族下級リバースモンスター
 シャドールの1体であり、リバースした場合に相手フィールドカードバウンスする誘発効果と、効果墓地へ送られた場合に魔法・罠カード破壊する誘発効果を持つ。

 (1)の効果は、自身がリバースした場合に相手フィールドカードバウンスする効果
 発動するまでに手間がかかるものの、カードの種類を問わずにバウンスできる。
 《月の書》《堕ち影の蠢き》による表示形式変更を利用して奇襲するという手もある。
 ただし、守備力0なのでセットすれば容易く戦闘破壊され、貫通効果持ちの場合には戦闘ダメージを受けやすい。
 能動的にリバースさせるカードとの併用が望ましいと言える。

 (2)の効果は、自身がカードの効果墓地へ送られた場合に魔法・罠カード破壊する効果
 カードの効果であれば自分相手を問わず、《おろかな埋葬》等でデッキから直接墓地へ送られた場合も問題なく魔法・罠除去効果発動できる。
 《激流葬》等で自身が破壊されても相手魔法・罠カードを道連れにできるのでアドバンテージを失いにくい。

 シャドールに関連した効果を持っておらず明確なシナジーはないが、《堕ち影の蠢き》等で相手ターンカードの効果墓地へ送ることで擬似《サイクロン》にできる。
 【シャドール】における採用は、魔法・罠除去の必要性に応じて吟味すると良いだろう。
 このカード自身はシャドールサポートカードの他にも使用できる属性種族サポートカードが多く、《悪夢再び》《暗躍のドルイド・ドリュース》《カメンレオン》等を使用できる。

 サポートカードが豊富であり、アドバンテージを稼げる効果故、【シャドール】以外のデッキでも採用が見込める。
 【魔法使い族】においては、《ディメンション・マジック》《黒魔族復活の棺》等でモンスターを展開しつつ、(2)の効果発動できる。
 《終末の騎士》等でこのカード墓地へ送ることで魔法・罠カード除去した後、《暗躍のドルイド・ドリュース》《カメンレオン》蘇生でき、新たなモンスターを展開しやすい。

関連カード

―《シャドール・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)と(2)の効果ダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、できます。(14/04/19)


Tag: 《シャドール・ドラゴン》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1900 守0 シャドール

広告