紅姫(あき)チルビメ/Chirubimé, Princess of Autumn Leaves》

効果モンスター
星8/地属性/植物族/攻1800/守2800
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は他の植物族モンスターを攻撃対象に選択できない。
また、このカードが相手によって墓地へ送られた場合、
デッキから「紅姫チルビメ」以外の植物族モンスター1体を特殊召喚できる。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した地属性植物族最上級モンスター
 他の植物族への攻撃を制限する永続効果相手によって墓地へ送られた場合に植物族リクルートする誘発効果を持つ。

 他のレベル植物族モンスターとは違い、攻撃力下級モンスター並みであり、代わりに守備力が高い。
 一応この攻撃力のおかげで2つ目の効果発動しやすくなっている。

 1つ目の効果攻撃対象を自身に限定させる効果
 守備表示特殊召喚することで他のモンスターを守れ、2つ目の効果発動を補助させる他、2枚並べてロックすることなどができる。

 2つ目の効果レベル制限なしで植物族リクルートするもの。
 しかし、単にリクルートしたいだけなら《ローンファイア・ブロッサム》が存在する。
 あちらは下級モンスター故の扱いやすさ・速攻性がある上に発動条件相手に依存しない点で圧倒的に使いやすい。
 ただし、どこからでも相手によって墓地へ送られれば良いためハンデスなどに強い点や、墓地発動するため《エフェクト・ヴェーラー》などでリクルートを妨害されない点では勝っている。
 基本的には第一の効果をメインに運用し、もし除去されても後続に繋いでフォローもできる、という風に考えておくとよい。

 このカードと特に相性がいいのは《メリアスの木霊》だろう。
 あちらの効果でこのカード特殊召喚すれば攻撃対象の制限とこのカード守備力によりとても守りやすくなる。
 《姫葵マリーナ》を同時に採用していれば《紅姫チルビメ》破壊後に《姫葵マリーナ》リクルートする事で《メリアスの木霊》への攻撃を躊躇わせる事も出来る為あちらの場持ちも良くなる。
 総評としては先攻ターン目に守りを固めたり、《コアキメイル・グラヴィローズ》の様に極力フィールドに残しておきたいモンスターを守る為に一緒に並べる、といった運用を出来る構成の【植物族】で非常に輝くだろう。

  • カード名の「あき」は季節の「秋」から、「チルビメ」の由来は日本神話に登場する女神「木花知流姫神(このはなちるひめ)」だろうか。
    • イラストを見るにモチーフは「カエデ(槭、楓)」および「モミジ(紅葉、椛)」と思われる。
      モミジはカエデ属の樹木の一部だが、様々な樹木の紅葉(こうよう)を指して「モミジ」と呼ぶ場合もある。
  • その他イラストには背部のキク科らしき植物や腕に絡まる蔦性植物、背景に散るイチョウなど様々な秋の植物が描かれており、より「秋」らしさを強調している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に効果発動できますか?
A:はい、できます。(13/11/16)

Q:以下の場合、モンスター特殊召喚する効果発動しますか?

A:いずれの状況の場合でも、相手によって墓地へ送られたとして扱われ、効果発動できます。(13/11/30)

Q:相手発動した《痛み分け》によりこのカードリリースした場合、効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/12/02)


Tag: 《紅姫チルビメ》 効果モンスター モンスター 星8 地属性 植物族 攻1800 守2800

広告