【デミスガイア】

デッキの概要

 《終焉の王デミス》《E−HERO ダーク・ガイア》を組み合わせた1ターンキル重視の儀式召喚融合召喚の複合デッキ
 ビートダウンタイプの1ターンキルデッキの中ではかなりの勝率を誇っていた。

《終焉の王デミス/Demise, King of Armageddon》
儀式・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2400/守2000
「エンド・オブ・ザ・ワールド」により降臨。
フィールドか手札から、レベルの合計が8になるよう
カードを生け贄に捧げなければならない。 
2000ライフポイントを払う事で、
このカードを除くフィールド上のカードを全て破壊する。
《E−HERO ダーク・ガイア/Evil Hero Dark Gaia》
融合・効果モンスター
星8/地属性/悪魔族/攻   ?/守   0
悪魔族モンスター+岩石族モンスター
このカードは「ダーク・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードの元々の攻撃力は、
このカードの融合素材としたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
このカードの攻撃宣言時、相手フィールド上に
守備表示で存在する全てのモンスターを表側攻撃表示にできる。
この時、リバース効果モンスターの効果は発動しない。
《高等儀式術/Advanced Ritual Art》
儀式魔法
儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、
デッキから通常モンスターを墓地へ送り、
手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

デッキ構築に際して

 儀式召喚に関するサポートカード、及び弱点対策のメタカード等については、このデッキの前身である【デミスゾーク】を参照。
 ここではこのデッキ特有のカードを列挙する。

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

戦術

 1ターンキルの手順は以下の通り。

  1. 《高等儀式術》攻撃力が合計で3300以上になるように悪魔族岩石族通常モンスター墓地に送り、《終焉の王デミス》儀式召喚する。
  2. 《終焉の王デミス》効果フィールドを一掃。
  3. 《ダーク・コーリング》墓地に送った悪魔族岩石族コストにして《E−HERO ダーク・ガイア》特殊召喚
  4. 《E−HERO ダーク・ガイア》《巨大化》《閃光の双剣−トライス》を装備する。
  5. 攻撃で合計8000以上の戦闘ダメージを叩き出すことが可能。

 【デミスドーザー】と比べると、《E−HERO ダーク・ガイア》《デビルドーザー》より高い攻撃力を得られるのが利点。
 たとえば《デーモン・ソルジャー》《ヴェルズ・ヘリオロープ》融合すれば攻撃力3850の《E−HERO ダーク・ガイア》が出来上がる。
 これにより、《閃光の双剣−トライス》等でも1ターンキルに届くようになっている。
 ただ、《トレード・イン》が使いにくくなる点は劣っている。

このデッキの弱点

 弱点も【デミスゾーク】とほぼ共通のものとなる。
 儀式召喚にさらに融合召喚を併用するため、特殊召喚封じにはより気をつけたい。

このデッキの歴史

 儀式召喚融合召喚を組み合わせた1ターンキルを重視したデッキで、【デミスドーザー】の派生である。
 【デミスドーザー】07/09/01制限改訂で、《突然変異》《巨大化》がそれぞれ禁止カード制限カードとなり、1ターンキルの成功率が著しく低下した。
 そこで代用されたのが、《E−HERO ダーク・ガイア》《ダーク・コーリング》《閃光の双剣−トライス》である。
 これにより、手札コストは増えたものの、より高い展開力を発揮した。

 現在は冒頭の通り、《次元融合》が厳しい規制を受けており、弱体化している。

代表的なカード

関連リンク

広告