《ガガガマンサー/Gagaga Mancer》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻 100/守 100
(1):1ターンに1度、「ガガガマンサー」以外の
自分の墓地の「ガガガ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ガガガ」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれ墓地へ送られた場合、
自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 ガガガ蘇生する起動効果エクシーズ素材の状態からエクシーズモンスター効果の発動コストとして墓地へ送られた場合にエクシーズモンスター攻撃力単体強化できる誘発効果を持つ。

 (1)の効果は、特殊召喚制限が課される代わりにガガガモンスター蘇生する効果
 レベル4のガガガモンスター蘇生した後に、《ガガガガンマン》《ガガガザムライ》につなげることになるだろう。

 (2)の効果は、エクシーズ素材のこのカードエクシーズモンスター効果コストにした際に、そのモンスター攻撃力ターン終了時まで500上げる効果
 《ガガガザムライ》とは相性が良く、攻撃力2400で2回攻撃が行えるようになる。
 また、《ガガガガンマン》ならば攻撃力3500までの相手モンスター戦闘破壊できる。

 しかしながら、【ガガガ】は幅広いランクエクシーズモンスターを呼べることが利点であり、このカードの効果とはかみ合わない点が多い。
 一応、このカードの1つ目の効果発動する前ならばガガガモンスター以外も出せるため完全に腐るわけではないものの、やはり多少の扱いにくさは否めない。
 【ガガガ】に採用するならば、枚数は少なめにした方が事故も少なくなる。

 (1)の効果を使用した後にエクシーズ召喚ではなく《ガガガタッグ》アタッカーにすることも可能である。
 このカードの1つ目の効果発動した後に《ガガガタッグ》を使用すれば合計攻撃力は1000アップする。
 《ガガガキッド》《ガガガクラーク》《ガガガリベンジ》等があれば更なる上昇値も見込め、《ガガガザムライ》2回攻撃とも相性が良い。
 《オノマト連携》を投入した【ゴゴゴ】にも採用が可能であり、手札腐った場合も《オノマト連携》コストにすれば無駄になりにくい。

 召喚制限がかかるのは効果の発動後に限られるため、《希望郷−オノマトピア−》軸の【希望皇ホープ】とも意外と相性が良い。
 墓地《ガガガマジシャン》《ガガガガードナー》が存在し、《希望郷−オノマトピア−》発動しているならば、以下の流れを組み込むことができる。

  1. 《No.39 希望皇ホープ》《SNo.39 希望皇ホープONE》or《CNo.39 希望皇ホープレイ》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》と繋いでかっとビングカウンターを3つ貯める。
  2. カウンター2つを消費し《ガガガマンサー》リクルートし、効果墓地《ガガガマジシャン》《ガガガガードナー》蘇生し、《ガガガザムライ》エクシーズ召喚する。
  3. エクシーズ素材《ガガガマンサー》墓地へ送り《希望郷−オノマトピア−》《ガガガマンサー》効果攻撃力2600となった《ガガガザムライ》2回攻撃を付与する。

 《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》相手モンスター戦闘時に自身の効果攻撃力を5000にできるため、合計攻撃力は10200にもなる。
 相手モンスター攻撃力2200以下の攻撃表示モンスター1体ならば1ターンキルとなり、直接攻撃が通る状況でも7900ものダメージを与えられる。
 《オノマト連携》手札コストなどで《ガガガマジシャン》《ガガガガードナー》墓地へ送ることで成立させやすい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:「ガガガモンスター以外のモンスター特殊召喚したターンでも(1)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/10/18)

Q:(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/07/19)


Tag: 《ガガガマンサー》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻100 守100 ガガガ

広告