A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) リーサル・ウェポン/Ally of Justice Omni-Weapon》

効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻2200/守 800
このカードが戦闘によって光属性モンスターを破壊し墓地へ送った時、
デッキからカードを1枚ドローする。
さらに、この効果でドローしたカードがレベル4以下の闇属性モンスターだった場合、
そのカードを相手に見せて特殊召喚できる。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した闇属性機械族上級モンスター
 A・O・Jの1体であり、光属性戦闘破壊した時にカードドローし、ドローしたのが闇属性下級モンスターの場合特殊召喚する誘発効果を持つ。

 類似の効果と比べダメージを与える必要は無く、ドローアドバンテージを稼げ、A・O・J下級モンスタードローすれば展開もできる。
 戦闘をサポートできる強化カード表示形式の変更を行うカードによってこのモンスターごと守れば、併用することは不可能ではない。

 だが、光属性モンスター戦闘破壊しなければならないという発動条件がネック。
 フィールド墓地どちらも光属性でなければ発動できないため、《DNA移植手術》とのコンボは不可能である。
 光属性自体は多くのデッキが採用しており、《フォトン・スラッシャー》クラスまでなら対応できるものの、上級モンスターとして低いステータスも気にかかる。
 結局このカードで対処できない攻撃力が高いモンスターも多く、【光属性】関連のデッキではほぼ採用される《オネスト》の存在も厳しい。
 能動的に効果発動を狙うのならば【カオス】のような構築を行い、《シャインエンジェル》等を《強制転移》《ギブ&テイク》送りつけるなどしたい。

 アドバンス召喚してもカード消費を自身の効果で取り戻せるが、基本的には特殊召喚フィールドに出したい。
 《トランスターン》レベル4のA・O・J墓地へ送ってリクルートするのが最も容易な特殊召喚手段だろう。
 《ブラック・ボンバー》から釣り上げたモンスターからこのカードを呼び出せば、出しにくい《魔王龍 ベエルゼ》も比較的楽にシンクロ召喚できる。
 低い攻撃力《機甲部隊の最前線》リクルートしやすいという利点でもあり、セットした《可変機獣 ガンナードラゴン》等からリクルートできる。

  • イラストはアップになっているため分かりにくいが、ボディの形は潜水艦に類似しており、側面には「AOJ」の文字が書かれている。
    ボディ前面からは細いアームが何本も伸び、ドリル・ハンマー・ハサミ・マジックハンドといった雑多な武器がそれぞれの先端に取りつけられている。
    DUEL TERMINALの3Dポリゴンでは、マジックハンド2本、レーザー銃2丁、ハサミ1本、ドリル1本、ハンマー1本、回転のこぎり1本が確認できる。
    また、上部にはA・O・Jで唯一人間の顔面が設置されており、いかなる場合にも無表情を貫いている。
    様々な統一感の無い要素が混じり合っており、A・O・Jの中でも特に不気味な姿の1枚である。
  • 「リーサル・ウェポン(Lethal Weapon)」とは「殺戮兵器」という意味だが、この攻撃力効果では堅実に役立ちはするものの、名前のような派手な活躍は難しい。
    英語名の「Omni-Weapon」は「全ての兵器」の意味であり、雑多な武器を搭載したこのカードらしい名前となっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果になります。(09/07/08)

Q:ドローする効果特殊召喚効果は別々にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、特殊召喚する効果ドローする効果の一連の効果処理になり、新たにチェーンブロックは作られません。(09/08/11)

Q:《DNA移植手術》光属性にしたモンスター戦闘破壊した場合、効果発動できますか?
A:できません。
  フィールド上で光属性モンスター破壊し、墓地でも光属性でなければ発動できません。(12/02/11)

Q:元々の持ち主が自分の《シャインエンジェル》破壊して墓地へ送った場合、効果発動できますか?
A:可能です。(09/07/08)

Q:同じ攻撃力を持ったモンスター戦闘を行い相打ちになり墓地へ送られた場合でも効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(09/08/11)


Tag: 《A・O・J リーサル・ウェポン》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 機械族 攻2200 守800 A・O・J

広告