《オーバーレイ・スナイパー/Overlay Sentinel》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻2000/守   0
このカードは特殊召喚できない。
このカードは召喚に成功した時、守備表示になる。
また、自分フィールド上にエクシーズ素材を持ったエクシーズモンスターが存在する場合、
墓地のこのカードをゲームから除外し、
相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力は、
自分フィールド上のエクシーズ素材の数×500ポイントダウンする。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した光属性戦士族下級モンスター
 特殊召喚できず、召喚に成功した時に守備表示になる誘発効果墓地のこのカード除外して弱体化させる起動効果を持つ。

 デメリットが二重に課せられており、特殊召喚で出せない上にフィールドに出すと守備力0を晒してしまう。
 生き残れば攻撃はできるものの攻撃力2000を求めるなら他にカードは多く、《スキルドレイン》などとコンボするにしても同様である。
 後半の効果を目当てに、フィールドに出した場合はすぐにエクシーズ素材としてしまうのが基本になるだろう。
 自爆特攻墓地へ送るといった使い方も難しいので、可能であれば手札コストなどに充ててしまうのも良い。
 《エンペラー・オーダー》があれば召喚に成功した時の守備表示化をドローに変えられるが、他に相性の良いカードが少ない。

 エクシーズ召喚の直後にこのカードの効果発動させれば1000ポイント以上の単体弱体化が見込める。
 大抵のエクシーズモンスター攻撃力であれば相手モンスター戦闘破壊するのも容易となるだろう。
 攻撃力効果適用の基準になる《No.50 ブラック・コーン号》や、攻撃力の変動が条件である《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》などとは相性がいい。

 ただし、このカードエクシーズ素材としてしまうと、効果を使ってこのカード墓地へ置かねばならず、弱体化の数値が減る。
 元々エクシーズ素材にしやすいカードではないといえど、《フォトン・スラッシャー》などと併用してエクシーズ召喚に使用する利点が減ってしまっている。
 それでも500ポイントの弱体化は可能なので、攻撃力の低いエクシーズモンスターの補助に使えないこともない。

関連カード

召喚・反転召喚に成功した時に守備表示になるモンスター《絶対防御将軍》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に存在するエクシーズ素材を持つエクシーズモンスターが全て裏側表示の場合に墓地のこのカードの効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/12/02)


Tag: 《オーバーレイ・スナイパー》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻2000 守0 特殊召喚不可

広告