植物連鎖(しょくぶつれんさ)/Plant Food Chain》

通常罠
発動後このカードは攻撃力500ポイントアップの装備カードとなり、
自分フィールド上の植物族モンスター1体に装備する。
装備カードとなったこのカードがカードの効果によって破壊された場合、
自分の墓地の植物族モンスター1体を選択して特殊召喚できる。 

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した通常罠
 植物族攻撃力強化し、効果によって破壊された時に墓地から植物族蘇生できる効果を持つ。
 《ロードポイズン》罠カード版のような効果を持つ装備罠カードである。

 レベル攻撃力の制約なしにただ効果破壊されただけで墓地植物族特殊召喚できる。
 装備されている必要があるものの、能動的に破壊することでも蘇生効果を使う事が可能。
 自分シンクロ召喚した《ブラック・ローズ・ドラゴン》全体除去に巻き込むことで、蘇生したモンスターでそのままラッシュをかけられる。
 また、罠カードなので《サイクロン》等にチェーンすれば蘇生効果を使える上、ブラフとしての役割も果たす。

 攻撃力が500アップするためコンバットトリックにも使え、比較的戦闘破壊されやすいステータス《ギガプラント》の強化には十分。
 【植物族】はそのデッキ構築上、積極的に除去効果を持った魔法・罠カードを入れなければ、攻撃力2800以上のモンスターとの戦闘が非常に困難。
 《奈落の落とし穴》を回避できる《収縮》もあるが、蘇生効果も持った攻撃力強化カードは珍しく、こちらにも十分な利点がある。
 《ブラック・ガーデン》を使用する【植物族】では、攻撃力を補強するカードとして大いにその役割を果たすだろう。
 《D.D.クロウ》によって蘇生対象除外されると不発になるため、この点は十分に留意しておきたい。

  • いわゆる「場合の任意効果」であるため、蘇生効果はタイミングを逃さない。
    任意効果における「時」と「場合」の使い分けが始められて間もない時期のカードであるため、登場初期にはプレイヤーの混乱が見られた。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照。

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にカードの発動はできますか?
A:はい、発動できます。(08/07/22)

Q:それぞれの効果対象をとる効果ですか?
A:はい、いずれも対象をとる効果です。(08/07/22)

Q:蘇生効果チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作ります。(08/07/22)

Q:ダメージステップ中に破壊された時も蘇生効果は使えますか?
A:はい、発動できます。(12/10/06)

Q:装備カードになったこのカードがチェーン2以降で発動されたカード効果で破壊された場合でも特殊召喚する効果発動可能ですか?
A:はい、その場合でもチェーンの効果処理終了後に発動できます。(09/05/15)

Q:装備モンスター相手フィールド上に移った場合や、種族が変更された場合にこのカード破壊されますか?
A:相手フィールド上に移った場合は破壊されませんが、種族が変更された場合は破壊されます。(13/09/30)


Tag: 《植物連鎖》 通常罠

広告