《インターセプト/Intercept》

カウンター罠
モンスター1体のリリースを必要とする
モンスターの召喚に成功した時に発動する事ができる。
そのモンスター1体のコントロールを得る。

 THE DUELIST GENESISで登場したカウンター罠
 リリース1体で召喚された相手モンスターコントロール奪取する効果を持つ。

 発動条件こそ限定されるが、一方的なアドバンテージを得られる。
 こちらはカード1枚の消費で相手上級モンスターを奪え、相手はただ2枚のカードを浪費するだけになる。
 昨今はアドバンス召喚の機会自体が減ったとはいえ、各種《虚無魔人》《歯車街》によりリリースを軽減した《古代の機械巨人》を奪えれば美味しい。
 ただし、などの召喚に成功した時の誘発効果無効にできず、相手がそのまま利用できる。

  • カード名の箔押しが、やや下に寄っている版がある。
  • 「インターセプト(intercept)」とは「割り込み」や「妨害」という意味の英単語で、特に球技においては「敵側のパスを奪う」事を指して使われる。
    リリース1体でアドバンス召喚されたモンスター」がボールに比喩されている。

関連カード

カード名関連

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:コントロールは永続で得られますか?
A:はい、永続的に得ます。(08/06/24)

Q:召喚したそのモンスター1体を対象にとりますか?
A:はい、対象をとります。(11/06/30)

Q:自分モンスターに対して発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(08/06/25)

Q:レベル5・6のモンスター《コストダウン》《死皇帝の陵墓》などの効果リリースなしで召喚された場合、発動できますか?
A:いいえ、できません。(08/04/20)

Q:リリース1体でセットされたモンスターコントロール奪取できますか?
A:「召喚」ではないので、不可能です。(08/04/19)

Q:相手《クロス・ソウル》発動して自分モンスターリリース上級モンスターアドバンス召喚しました。このとき発動できますか?
A:発動できます。(08/05/24)

Q:ダブルコストモンスター効果最上級モンスターアドバンス召喚したとき発動できますか?
A:発動できます。(09/01/08)

Q:《古代の機械城》を利用したアンティーク・ギア召喚に対し発動できますか?
A:できません。(08/08/20)


Tag: 《インターセプト》 カウンター罠

広告