苦痛(くつう)回廊(かいろう)/Corridor of Agony》

永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
デッキから特殊召喚されたモンスターは、
フィールド上に表側表示で存在する限り
効果を発動できず無効化され、攻撃宣言できない。

 THE SHINING DARKNESSで登場した永続魔法
 リクルートされたモンスター効果攻撃を封じる。

 リクルーターからの後続モンスターを重視するデッキ、例えば【植物族】【剣闘獣】【バスター・モード】【ゼンマイ】等にとっては文字通り苦痛のカードである。
 効果だけでなく戦闘をも封じられるので、戦闘が要となる剣闘獣にとっては非常に厄介なカードとなる。
 魔法・罠カード除去《剣闘獣ベストロウリィ》に頼っている【剣闘獣】にとって強烈な1枚ではある。

 難点は、「デッキ」からのみであるため他の場所から特殊召喚されたモンスターに対しては適用されない範囲の狭さである。
 【剣闘獣】へのメタとしても、エクストラデッキからの特殊召喚である《剣闘獣ガイザレス》には対応できない。
 さらに今の環境ではシンクロモンスターエクシーズモンスターが隆盛を極めているため、相手の主力にはほぼ何も影響がないことが多い。
 《超古深海王シーラカンス》《レスキューラビット》《魔界発現世行きデスガイド》の様に、リクルートしたモンスターをそのままシンクロ素材エクシーズ素材にしてしまうカードにも無力である。

 単純に効果モンスターを無力化するのが目的なら、《デモンズ・チェーン》《スキルドレイン》などの方がよい。
 一応永続魔法である点から、《トラップ・イーター》《王宮のお触れ》等で対処されないという利点はある。
 しかし、同じ永続魔法にもリクルートメタとなる《デッキロック》が存在し、自壊デメリットを差し引いてもリクルートそのものを封殺可能なあちらの方が扱いやすいだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターにも適用されますか?
A:されません。(10/02/20)

Q:デッキから特殊召喚されたモンスターが一度裏側表示になってから再度表側表示になった場合、このカードの影響を受けますか?
A:いいえ、受けません。(10/03/14)

Q:デッキから特殊召喚されたモンスター《亜空間物質転送装置》等で一時的に除外されてフィールドに戻った場合、このカードの影響を受けますか?
A:はい、その場合もこのカードの影響を受けます。(10/09/17)

Q:このカードが存在している時に、《キラー・トマト》戦闘破壊し、デッキから《クリッター》特殊召喚しました。この《クリッター》破壊されたら、効果発動しますか?
  (デッキから特殊召喚されたモンスター墓地発動する効果無効にされますか?)
A:発動します。(10/03/09)


Tag: 《苦痛の回廊》 魔法 永続魔法

広告