《メカウサー/Mecha Bunny》

効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 800/守 100
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分のデッキから「メカウサー」1体を自分フィールド上に
裏側守備表示で特殊召喚する事ができる。
このカードがリバースした時、フィールド上に存在するカード1枚を選択し、
そのコントローラーに500ポイントダメージを与える。

 THE DUELIST GENESISで登場した地属性機械族下級モンスター
 戦闘破壊墓地へ送られた同名モンスター1体をデッキから裏側守備表示特殊召喚する誘発効果と、リバース時にフィールド上のカードを1枚選択してコントローラーダメージを与えるバーン誘発効果を持つ。

 類似するリクルーターには《素早いモモンガ》《ジャイアントウィルス》等がおり、これらに比べ展開できる数で劣る。
 機械族リクルーターとしても、《UFOタートル》《機皇兵スキエル・アイン》《カラクリ兵 弐参六》等に比べ攻撃力が低く、リクルート先も狭い。
 裏側守備表示リクルートされるので戦闘ダメージは受けにくいが、逆に言えば自爆特攻がしにくいという事でもある。

 リバースリクルートを繰り返せば、バーンダメージの合計は1500となかなかの火力になる。
 【機械族】では《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《リミッター解除》といった一撃があるため、それらの射程圏内を広げる用途なら使えないこともない。
 《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》など【ビートバーン】機械族効果を高めるために併用するのも手か。

  • ネーミングはメカのウサギと非常に分かりやすい。
    また《メカウサー》の額には「LOVE IT」と書かれている。
    これは「素晴らしい」という意味の成句なのだが、「ラビット(ウサギ)」とも読む事ができる。
  • 英語名は「メカバニー」とストレートである(バニーとは仔ウサギのこと)。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「龍亞vsディマク」戦の途中に龍可が訪れていた精霊界で封印されているのが確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    WORLD CHAMPIONSHIP 2010では、2011年1月1日の配信カードがこれに設定されている。
    2011年は卯年であるからであろう。

関連カード

―類似効果

―ウサギのモンスターについては《因幡之白兎》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:対象を指定する効果ですか?
A:対象をとります。(08/04/19)

Q:効果解決時に選んだカードが存在しない場合、どう処理しますか?
A:ダメージは発生しません。(08/04/19)


Tag: 《メカウサー》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 機械族 攻800 守100

広告