機巧狐(きこうこ)宇迦之御魂稲荷(ウカノミタマノイナリ)/Gizmek Uka, the Festive Fox of Fecundity》

効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2250/守2250
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキからモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札・デッキから、攻撃力と守備力の数値が同じで、属性が対象のモンスターと同じとなるモンスター1体を特殊召喚する。
(3):相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功する度に発動する。
相手に300ダメージを与える。

 ETERNITY CODEで登場した地属性機械族最上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する誘発効果相手モンスター属性を参照しモンスター特殊召喚を行う誘発効果相手召喚特殊召喚トリガーダメージを与える誘発効果を持つ。

 (1)は手札から自身を特殊召喚する効果
 発動条件自分相手リクルートであり、このカードを用いるなら自分で安定してリクルートを行えるデッキが望ましい。
 《予想GUY》《融合派兵》なら即座にリクルートが可能であり、発動条件を満たしやすい。
 《ブンボーグ003》《魔界発現世行きデスガイド》なども条件を満たす。
 《憑依覚醒−大稲荷火》《憑依覚醒−デーモン・リーパー》フィールドに該当のモンスターを揃えるだけでデッキから特殊召喚できるためトリガーにしやすい。

 (2)はの値が同じモンスター手札デッキから特殊召喚する効果
 相手モンスター対象にとり、その属性と同じかつの値が同じモンスターしか特殊召喚を行えないため、この効果の発動を安定させるには専用の構築が必要となる。

 このカードを含む機巧モンスターは全ての値が同じモンスターであり、同名カード地属性対象にとることで特殊召喚できる。
 他の機巧特殊召喚にも使えるが、効果に癖が強いものが多く、比較的汎用性の高い《機巧蹄−天迦久御雷》炎属性で遭遇率が高いと言えないなど難点も多いため、併用するかはよく考えたい。
 (1)以外の方法で特殊召喚した場合や、通常召喚した場合にリクルートを行えば、手札同名カードの(1)を誘発させることができる。

 その他、相手が属性統一でないデッキに限るが、数種の結界像で固めた【メタビート】であれば相手展開相手ターン中に手札から阻害でき、思惑を崩しやすい。

 壊獣などで相手フィールドに狙った属性モンスター特殊召喚して効果を使うことも考えられる。
 しかし、その場合であれば《深海のディーヴァ》など1枚で出せる《No.29 マネキンキャット》の方がリクルートするモンスターの制約が緩い分扱いやすい。
 もっとも、あちらのリクルート効果トリガーにこのカードを出せるため、併用するのも手かもしれない。

 (3)は相手召喚・特殊召喚に成功する度にダメージを与える効果
 1回のバーンは300と決して多くないものの、1ターンに1度の制限も持たず、同名カードフィールドに存在すればそれだけ1度の召喚特殊召喚で発生するバーンダメージも増える。
 4回特殊召喚を行えば1000を超えるため、大量展開を行う相手には決して放置できない存在になるだろう。

 《妨げられた壊獣の眠り》とは特に相性がよく、(1)の効果トリガーと(2)の効果の対象の確保を同時に行うことができる。
 好きな属性壊獣送りつけられ、相手デッキを問わずに任意の属性リクルートが可能。

  • 「ウカノミタマ」は「御食津神(みけつかみ)」とも呼ばれる日本神話に登場する女神であり、「古事記」では「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」、「日本書紀」では「倉稲魂命(うかのみたまのみこと)」と表記される。
    「宇迦」は穀物・食物のことであり、「食物の神」として日本で崇められている。
    また「お稲荷さん」と庶民に親しまれ、伏見稲荷大社の主祭神であり、今もなお稲荷信仰が続いている。
  • 英語名の「Festive」は「祭」などを、「Fecundity」は「生産力」などを意味する。

関連カード

―(2)の類似効果

―(3)の類似効果

収録パック等


Tag: 《機巧狐−宇迦之御魂稲荷》 モンスター 効果モンスター 星7 地属性 機械族 攻2250 守2250

広告