《シャドール・ビースト/Shaddoll Beast》

リバース・効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2200/守1700
「シャドール・ビースト」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
その後、手札を1枚捨てる。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した闇属性魔法使い族上級リバースモンスター
 リバースした場合に手札交換する誘発効果と、効果墓地へ送られた場合に1枚ドローする誘発効果を持つ。

 (1)の効果は小型の《天使の施し》であり、デッキ回転率を上げてくれる。
 手札も1枚増えるため、デッキによっては表示形式サポートを何枚か採用し、積極的にデッキを掘り進める戦術を取ってもいいだろう。
 【シャドール】では、シャドール捨てることで(2)の効果へ繋げるトリガー役になる。
 ステータスシャドールとしては高めなので、《シャドール・ファルコン》蘇生するのも有効だろう。

 (2)のドロー効果により、融合素材にしてディスアドバンテージを軽減できる。
 他にも《おろかな埋葬》《終末の騎士》デッキから墓地へ送った事で、それらのカードドローソースのように運用するという使い方もある。
 《おろかな埋葬》などから墓地へ送れば2枚のデッキ圧縮を行え、デッキ圧縮目的の出張採用も検討出来る。
 ハンド・アドバンテージ増強の代わりに手札腐りやすい《サンダー・ドラゴン》等と相互互換と言える。
 また、《手札断殺》墓地へ送った場合、こちらは禁止カードである《天使の施し》と同様の手札交換が可能となる。

 シャドールに限定した効果ではないため、【シャドール】以外でも採用できる。
 特に【占術姫】では、《聖占術姫タロットレイ》儀式召喚する際のリリース要員として使いやすい。
 ただし、上級モンスターなので入れすぎると手札事故になる恐れがある点に注意。

関連カード

―《シャドール・ビースト》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)と(2)の効果ダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、できます。(14/04/19)


Tag: 《シャドール・ビースト》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 魔法使い族 攻2200 守1700 シャドール

広告