捨てる/Discard

 手札を捨てる行為

 《クリボー》は「捨てる」事がコストなので、カード除外される状況でも発動可能。
 《D.D.クロウ》は「墓地へ捨てる」事がコストなので、カード除外される場合は発動できない。
 《朱光の宣告者》は「墓地へ送る」事がコストなので、カード除外される場合は発動できない。

 なお、「墓地へ捨てる」と「墓地へ送る」の違いは、「墓地へ捨てる」参照。

  • 原作・アニメにおいて―
    「決闘者の王国編」における「海馬vsペガサス」戦において自分手札が全てペガサスに見透かされていると悟った海馬が、カード効果とは関係なく、勝手に手札を全て捨てている。
    自分手札を全て捨て、デッキの新たなカードドローすれば、ペガサスには読まれないと判断したようだが、当然OCGではルール違反である。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズには「捨てる」というコマンドが存在する。
    このコマンドにより、自分の手札を選んで何枚でも捨てることが可能である。
    基本的にはOCG同様にアドバンテージを失う結果になりそうに見えるが、これらのゲームでは手札が既に5枚あるときはドローすら行えないので、手札事故を起こしている状態などでは打開策になりうる。

関連カード

―「捨てる」手札コストを持つカード

※「墓地へ捨てる」「墓地へ送る」は除く

自分手札を捨てる効果を持つカード

※「墓地へ捨てる」「墓地へ送る」は除く

相手手札を捨てる効果を持つカード

※「墓地へ捨てる」「墓地へ送る」は除く

自分相手手札を捨てる効果を持つカード

※「墓地へ捨てる」「墓地へ送る」は除く

―「自分手札を捨てる効果」のメタカード

手札を捨てる必要がなくなるカード

関連リンク

広告