《サブテラーの妖魔(ようま)/Subterror Fiendess》

効果モンスター
星1/地属性/魔法使い族/攻 800/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、
自分フィールドの「サブテラー」モンスター1体を対象として発動できる。
その発動を無効にする。
その後、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
(2):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にし、自分の手札・墓地の「サブテラー」モンスター1体を選んで
表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

 EXTRA PACK 2017で登場した地属性魔法使い族下級モンスター
 相手効果の発動無効にして自分サブテラー裏側守備表示にする誘発即時効果自分フィールドモンスター裏側表示にしてサブテラー特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)は自身を墓地へ送る事で相手効果発動無効にし、自分のサブテラーモンスター1体を裏側守備表示にする効果
 表側表示サブテラーモンスターが存在する必要があるが、手札誘発でほぼあらゆる効果発動無効にできる奇襲性の高い効果である。
 サブテラーマリスサイクル・リバース効果無効にされた場合等のアフターケアとしても有効。
 ただし無効にするだけで破壊はしないため、なるべく使い切りのカードコストを要求するカードを狙いたい。
 また、後述する(2)の効果を狙う場合は、召喚するか、この効果コストにするかの使いどころの見極めも重要になる。
 《サブテラーの激闘》サルベージ可能な状況であれば積極的に使っていきたい。

 (2)は自分モンスター1体を裏側守備表示にし、サブテラー1体を手札墓地から特殊召喚する効果
 墓地が肥えていない1ターン目等を除けば、基本的に蘇生を狙う事になる。
 他の展開要員と比べると序盤の展開先が限られる代わり、このカード自身も対象にできるので召喚してすぐ効果を使用できる即効性の高さが利点。
 リバースした場合の効果を持つモンスター裏側表示にすれば効果の再利用も可能。
 更にノーコストかつ毎ターン発動可能なので、上手く維持できればその分ボード・アドバンテージを稼ぐ事ができる。
 ステータスが低いため戦闘には弱いが、《地中界シャンバラ》《サブテラーの刀匠》等を駆使すれば守り切るのは然程難しくないだろう。

 レベル1故に対応するサポートカードは豊富。
 《地中界シャンバラ》以外にも《ワンチャン!?》サーチ可能な他、《ワン・フォー・ワン》サブテラーコストにすればそのまま蘇生に繋げられる。
 特に《金華猫》はあちらのデメリットを自身の効果で踏み倒せるため非常に相性が良い。

 総じてサブテラーの初動の安定性とアドバンテージ獲得能力を大きく高めてくれる重要なカードである。
 (1)の効果のおかげで手札に複数枚来ても腐りにくいため、サブテラーを主軸としたデッキならフル投入して損は無いだろう。

関連カード

―《サブテラーの妖魔》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《サブテラーの妖魔》 モンスター 効果モンスター 星1 地属性 魔法使い族 攻800 守500 サブテラー

広告