《マジック・ディフレクター/Magic Deflector》

通常罠
このターン、フィールド上の装備・フィールド・永続・速攻魔法カードの効果を無効にする。

 ABYSS RISINGで登場した通常罠
 通常魔法儀式魔法ペンデュラムモンスター以外の魔法カード無効にする。

 対魔法カード版の《トラップ・スタン》のようなカード
 永続魔法などの表側表示で残るカードへの対策なら《ハーピィの羽根帚》《サイクロン》《魔法効果の矢》《妖精の風》などがあるが、こちらは速攻魔法をノーコストで対策できる。
 《サイクロン》に対しては《王家の呪い》のように使える他、《ツインツイスター》を初めとした採用されやすい速攻魔法を軒並み無効にできる。
 基本的には《トラップ・スタン》のようにチェーン発動して無効にすることになるだろう。
 ただしダメージステップ発動できない為、《禁じられた聖杯》《収縮》対策に使用するなら、それよりも前に発動しておく必要がある。

 自分ターン発動すれば、相手魔法カードはほぼ無効化した事となる。
 こちらを先に発動しておけば《トラップ・スタン》との併用も可能なので、擬似的な《大寒波》状態となる。
 ただし《光の護封剣》等の「フィールド上に残り続ける通常魔法」も存在し、それらは無効に出来ない。

 また、自分《つまずき》《ブラック・ガーデン》などの効果無効にして使うことも考えられる。

 対【甲虫装機】においては、《甲虫装機 ホーネット》などは装備魔法効果として処理されるため、それらを無効にできる。
 発動後のその魔法カード効果解決時墓地に存在していても無効となるため、基本的に無意味な装備魔法にしてしまうことができる。
 ただし、効果の発動コストとして墓地へ送ることは可能なため、《甲虫装機 ダンセル》等のモンスター側の効果適用される。

 無効にするカードの種類の関係上【終焉のカウントダウン】【エクゾディア】等の特殊勝利デッキとは相性がいい。
 また、儀式魔法を軸にする場合でも、《手札断殺》等での妨害を受けにくくなる。

  • 「ディフレクター(Deflector)」とは偏向板・転向装置などを指す。
    一部の魔法カード効果をゲーム外に逸らすという意味合いなのだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《アサルト・アーマー》2回攻撃付与効果無効にできますか?
A:墓地に送って発動することはできますが、効果無効になります。(12/07/23)

Q:装備魔法状態の甲虫装機を自身の効果墓地に送って効果を使用できますか?
A:墓地に送って発動することはできますが、効果無効になります。(12/07/23)

Q:《甲虫装機 ホーネット》墓地へ送られカード破壊する効果チェーンをしてこのカード発動した場合、《甲虫装機 ホーネット》効果無効になりますか?
A:いいえ、その場合無効になりません。既にこのカードの効果適用されている状態で、《甲虫装機 ホーネット》効果発動した場合なら無効になります。(12/08/02)

Q:永続魔法状態の宝玉獣が存在する時発動した場合、永続魔法状態の宝玉獣墓地に送られますか?
A:いいえ、そのままになります。(12/09/12)

Q:《ブラック・ガーデン》破壊効果は使用できますか?
A:植物族モンスター破壊するのは効果ですので、無効になり使用できません。(12/07/23)

Q:ペンデュラムゾーンに存在する《時読みの魔術師》ペンデュラム効果は、無効にできますか?
A:無効化できません。(14/06/25)


Tag: 《マジック・ディフレクター》 通常罠

広告