《オルフェゴール・ロンギルス/Longirsu, the Orcust Orchestrator》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/機械族/攻2500
【リンクマーカー:左上/上/右下】
「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカードは効果では破壊されない。
(2):除外されている自分の機械族モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
その後、リンク状態の相手モンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 SOUL FUSIONで登場した闇属性機械族リンクモンスター
 リンク状態の場合に効果破壊耐性を得る永続効果除外された機械族2体をデッキに戻しリンク状態相手モンスター墓地へ送る起動効果を持つ。

 (1)は効果破壊耐性
 あって困るものではないが、この攻撃力では戦闘破壊される場合も多く、あまり安心はできない。

 ただし【オルフェゴール】では、この耐性が大きなメリットとなる。
 【オルフェゴール】の1つの目標として《オルフェゴール・バベル》《トポロジック・ボマー・ドラゴン》+《オルフェゴール・ロンギルス》という布陣をつくるというものがある。
 この布陣ならば、墓地下級オルフェゴール除外する事で、フリーチェーン《トポロジック・ボマー・ドラゴン》破壊効果発動できるようになる。
 その際に《トポロジック・ボマー・ドラゴン》とリンクしていればこのカード破壊されないので、こちらの布陣を維持しつつ全体除去ができるのである。

 《鋼鉄の襲撃者》は全てのオルフェゴール星遺物に対応しており、特性上このカードを含めたリンクモンスターとは特に相性が良い。
 相手フィールドリンク先モンスターを全て戦闘破壊してしまっても、あちらの(2)の効果手札オルフェゴール星遺物を展開すれば耐性を維持できる。

 (2)の固有効果リンク状態相手モンスター1体を墓地へ送る効果
 対象を取らず破壊も介さないので、効果を受けない耐性を持つモンスター以外は確実に除去できる。
 相手モンスターリンク状態になっていれば構わないので、蘇生などからでも効果を利用できる。
 効果を使ったターン攻撃不可能になるが、リンク素材に使えば問題はなく、《オルフェゴール・バベル》相手ターン発動すればデメリットは皆無に等しい。

関連カード

―《オルフェゴール・ロンギルス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《オルフェゴール・ロンギルス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 闇属性 機械族 攻2500 オルフェゴール

広告