墓地アドバンテージ

 「墓地に存在するカード」についてのアドバンテージ(優位性)。
 「多くのカード墓地に置かれているプレイヤーが有利」とする考え方に基づく用語。
 ただし、大多数の墓地利用カード墓地カードの数量だけでなく種類や質を問うものも多く、このアドバンテージが当てはまらないことも多い。
 墓地カードが1、2枚多い程度ではデュエルにおける影響はさほどなく、「多い方が有利となりやすい傾向にある」くらいに思っておいた方がよい。
 墓地アドバンテージは以下のような方法で上級モンスターや他のアドバンテージに変換できる。



  • 昨今では墓地に落ちた際のみに効果を発揮するカードも増えているが、これも広義の意味で墓地アドバンテージと言える。
  • 他のトレーディングカードゲームと比較すると、遊戯王OCG墓地を利用したメカニズムが多い傾向にある。
    MTGの影響から、他のTCGでは蘇生サルベージは黒・闇属性系のカードに与えられる傾向があるが、OCGはその影響がみられず属性を問わず蘇生などが存在する。
    また、墓地リソースとして使用する効果が多いのは、OCGにはMTGやデュエル・マスターズにおける「マナ」のようなコストが存在せず、手軽なコストとして扱えるものが墓地だったという面もあるだろう。
  • アニメZEXALシリーズの主人公である遊馬は当初このアドバンテージを重視しておらず、「遊馬vs凌牙」(2戦目)では墓地アドバンテージを考慮しない戦術を取ったことをアストラルに指摘されていた。
    後に重要視するようになっており、特に「遊馬vsベクター」(2戦目)や「遊馬vsアリト」(3戦目)等では複数の墓地発動カードを用いてピンチを切り抜けている。
    後者では対戦相手のアリトも《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》で遊馬の墓地カード除外するなど、墓地アドバンテージの強さが如実に示されたデュエルであった。
  • アニメVRAINS主人公の遊作/Playmakerは墓地発動する効果を持つカードを多数使用しており、作中初期から墓地アドバンテージを活かしている。
    特に「vsプロトタイプAIデュエリストA」戦では、ハンデスにより後攻ターン目から手札0になったにもかかわらず、墓地カードだけで巻き返し一気に逆転1ターンキルに繋げている。
    「了見/リボルバーvsライトニング」戦では、ライトニングが《天装騎兵(アルマートス・レギオー)セグメンタタ》の効果でリボルバーに捨てさせられたリンクマジック裁きの矢(ジャッジメント・アローズ)》を7枚の「アルマートス・レギオー」モンスターデッキに戻してサルベージしている。
    デュエルを観戦していたAiはそのことにショックを受けていたが、Playmakerは「(《裁きの矢》を回収するために)大きな代償を払っている」と墓地リソースの減少に触れている。
  • 上記の通り主人公サイドが大幅なデッキ破壊を受けたデュエルの殆どでは、それによって稼がれた墓地アドバンテージで逆転の道に繋げるのがお決まりとなっている。

関連カード

 自身が墓地へ送られた時に効果発動するカードは「墓地へ送られた」を参照。

墓地に存在する場合に効果発動できるカード

 ※以下は各リンク先を参照。
墓地に存在する場合に自身の効果で特殊召喚できるモンスター
墓地の自身を除外するコストを持つカード
墓地の自身を除外する効果を持つカード

墓地に存在する時に自身の効果サルベージできるカード

墓地に存在する時に自身の効果フィールドセットできるカード

特殊召喚サルベージセット以外で墓地から移動するカード

効果発動しても墓地から移動しないカード

墓地に存在することで効果適用されるカード

特定カード墓地にある時、強化されるカード

 ※同名カード墓地にある時強化されるカードは「同名カード」を参照。
 ( )内は条件となるカード
 特に記述がない時は自分墓地のみ。

召喚条件発動条件として墓地カードの枚数や種類数を参照するカード

 ( )内は条件となるカード

関連リンク

広告