カテゴリ

 カードテキスト(公式用語としてはモンスター情報効果説明)において、『「○○」カード』等と指定されるカード名のくくりの事。
 本Wikiでは、『「○○」カード』と書かれた効果を持つカードの登場をもってその「○○」をカテゴリと定義する。(本Wiki独自の定義)
 また、カード名に「○○」が含まれていても、各カテゴリが指定している条件に合致しない場合、そのカードは「実質的にそのカテゴリには含まれない」扱いとする。(本Wiki独自の扱い)

  • 公式データベースの「マイデッキ」ページでの「デッキ登録」の編集の際に、デッキの「カテゴリ」を選択・登録できる。
    登録したカテゴリは個別のデッキのページを表示した際に「登録カテゴリ」として記載される。
    また、「デッキ検索」を行う際に、「登録カテゴリ」から検索することもできる。
    ただし、「」「シャーク」「守護竜」「ラーの翼神竜」が存在したり、「セブンス」が「七皇」になっていたり、魔法・罠カードのみで構成されているテーマは少数しか存在しなかったりと、本Wikiの「カテゴリ」とは扱いが異なる。

「〜」カード、「〜」モンスター

 最新のカードテキストに記載されている『「〜」カード』とは、『「〜」と名のついたカード』を意味します。
 例えば『「オッドアイズカード』とテキストにある場合、それは『「オッドアイズ」と名のついたカード』を指し示しています。
 同様に、『「〜」モンスター』とは、『「〜」と名のついたモンスター』を意味します。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


  • カテゴリに関するルールについて。
  • カテゴリを指定するテキストは、発売時期によって書き方がそれぞれ異なるものになっている。
    第9期以降は『「○○」カード』、第8期以前は『「○○」と名のついたカード』、テキストが整備される更に前までは『「○○」という名のついたカード』・『「○○」と名のつくカード』等と様々だが、いずれもルール上の違いはない。
  • テキストが整備されていない時期のものは、第6期以降の再録時に修正されているが、一部のカードはそのままとなっている。
    なお、ボス専用カードは第9期に登場しているが、一般使用できない特殊性や分かりやすさ重視のためか『「○○」と名のついたカード』と書かれている。
  • 初登場はLabyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−で登場した死のメッセージ
    第5期からは毎弾ごとに新たなカテゴリが登場することも当たり前になっており、期を経るごとに登場頻度も増え、第8期の2年間では50以上、第9期の3年間では100以上のカテゴリが新しく登場している。
  • 各カテゴリが指定している条件によっては、該当するカード名を持っていても、そのサポートを一切受けられないカードも多い。
    一応《マジカルシルクハット》など、そのカテゴリと関連しない効果によって条件をあわせることでその効果を受けられる場合もある。
    ただし、当wikiではそういったカードは、「実質的にそのカテゴリには含まれない」という扱いにしている。
    以下はその一例であるが、これらのカードも後に登場したカードによって、そのカテゴリに正式に含まれるようになることもある。
  • この場合、炎王炎王獣を例にすると、
    カテゴリに属する側の面では炎王獣のほうがどちらを指定したカードにも該当することで有利であり、サポートカード側の面では炎王を指定したカードの方が、どちらにも使える点で優位である。
  • 前述の通り、『「○○」カード』と書かれた効果を持つカードの登場によって、その「○○」をカテゴリとする(正式にカテゴリ化される)。
    その際に、その「○○」がカテゴリになる以前に登場していたカードがそこに含まれる場合もある。(エレキカラクリサイファーなど)
  • 「カテゴリ(Category)」とは、人間が物事を認識する際の最も根本的・一般的な基本概念のことである。
    ここではカード名という範囲における種類・区分・部門などを意味する。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメではOCGに存在するもの以外にも、多くのカテゴリが登場している。
    なお、それらの中でOCGに該当するカードがあるものとしては、「コアラ」や「スライム」などがある。
  • 一部の原作・アニメ出身カテゴリには、アニメでは使用されていないOCG出身のカードも存在する。
    これらのカードは、アニメでの登場数が少なく、実戦向きでないカテゴリを強化する目的で登場する傾向がある。
    逆に、アニメではカテゴリのサポートだったものが、OCG属性種族を指定するカードになる事もある。
  • 原作ではテキストが曖昧なのもあるが基本的にカテゴリはほぼ存在せず、本格的にカテゴリ使いが出るようになったのは、アニメGXからである。
    アニメ5D'sでは多くのデュエリストがカテゴリを使用し始め、カテゴリ以外のモンスターを一切使用しないデュエリストも珍しくなくなった。
    特にARC-Vでは主人公からモブに至るまでほぼ全てのキャラが何らかのカテゴリ(またはシリーズカード)を使用している。
    GX以降のシリーズでは十代や万丈目など、1つのデッキに複数のカテゴリが入り混じったデュエリストも登場している。
  • E・HEROBFEMなどカテゴリがカード名の先頭にありデュエリストが使うカテゴリが明確な場合には、そのカードフィールドに出す時以外においてカード名からカテゴリが省略されて宣言される傾向にある。
    それらのカテゴリはそのものの文字数が長い場合もあり、尺の都合上仕方ない側面もある。
  • コナミのゲーム作品において―
    ゲーム作品では、そのゲーム独自のシステムでカテゴリとして扱われる場合がある。
    また、ゲームオリジナルカードによって、既存のカードが何らかのカテゴリに含まれることもある。
    前者はDUEL TERMINAL魔轟神獣など、後者はなどが該当する(前者はシリーズカードも参照)。
    • 初心者向けのティーチングソフトを兼ねている最強カードバトル!では、収録されているカテゴリ関連のカードすべてがカード名に「○○」を含むモンスター(カード)という表記にエラッタされている。
      マスターデュエルにおいては各カテゴリのストーリーを追体験できるソロモードが存在する。

カテゴリ一覧

 カード名に共通性はあるが、その共通名を指定するカードが1枚も存在しないものについてはシリーズカードを参照。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

日本語名の存在しないカテゴリ

エラッタにより消滅したカテゴリ

ボスデュエル専用でOCGに存在しないカテゴリ

特定のカテゴリとしても扱う効果外テキストを持つカード

特定のカテゴリとしても扱う効果を持つカード

他のカードを特定のカテゴリとしても扱うようにする効果を持つカード

関連リンク

広告