エクストラデッキ/Extra Deck

 エクストラデッキとはメインのデッキとは別に用意する、特殊な方法で召喚する「リンクモンスター」「融合モンスター」「シンクロモンスター」「エクシーズモンスター」を集めたデッキの事です。
 メインのデッキとは別に15枚まで用意し、デュエルで使用する事ができます。
 (エクストラデッキの枚数は、メインのデッキの枚数には数えません。)
 エクストラデッキをデュエルで使用する場合は、デュエルの準備の時にエクストラデッキゾーンに裏向きで置いておきましょう。

 (公式ルールブック 新マスタールール対応 バージョン 1.0 より引用)


  • アニメZEXALシリーズでは正式にエクストラデッキと呼称されるホルダーが存在している。
  • アニメARC-V公式HPの「熱血!デュエル塾」ではエクストラデッキは15枚という事に言及されているが、ARC-V本編では現在の所は枚数制限に関して説明されていない。
    「遊矢vsユーリ」戦では、遊矢がエクストラデッキの状態を(記憶をもとに)確認しているシーンがあるが、その時のエクストラデッキには裏側表示モンスター15枚+表側ペンデュラムモンスター2枚が存在していることが確認できる。
  • エクストラデッキの使用枚数の最大数は漫画ZEXALの「遊馬vsアストラル」戦でアストラルが使用した15枚。
    デュエルでは、13枚のエクストラデッキを使用した後のアストラルが3体のNo.特殊召喚しようとしている事から、15枚を超えた枚数のエクストラデッキがあったと思われる。
  • 5D's以降の新たな召喚法が登場する作品では、該当のエクストラデッキに入るモンスターを持つ事がステータスとなっている描写がされる事がある。
    ARC-Vのスタンダード次元においては、エクストラデッキのカードを扱える事がエリートであるような描写となっている。
    また、それぞれの次元の住人は、一部を除いて名前の召喚法に応じた(シンクロ次元ならシンクロモンスターカードしかエクストラデッキに存在していない。
  • 漫画5D's8巻巻末のデッキレシピ紹介では、全てのページで「エキストラデッキ」と誤って書かれている。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は原作のアフターストーリーだが、融合デッキではなくエクストラデッキという名称が使われている。

関連カード

※エクストラデッキに干渉するカードのうち、対象融合モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターペンデュラムモンスターのいずれかに限定されたカードは当該ページを参照。

―エクストラデッキのカード特殊召喚する効果を持つカード

―エクストラデッキのカード墓地へ送る効果を持つカード

―エクストラデッキのカード墓地へ捨てる効果を持つカード

―エクストラデッキのカード除外する効果を持つカード

―エクストラデッキへ自身を戻す事で効果発動するカード

―エクストラデッキへ自身を戻す効果を持つカード

―エクストラデッキへモンスター戻す事で効果発動するカード

―エクストラデッキへモンスター戻す効果を持つカード

―エクストラデッキの表側表示モンスターに関する効果を持つカード

―エクストラデッキのモンスター融合素材にできるカード

―エクストラデッキからの特殊召喚を制限するカード

―エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに関する効果を持つカード

―上記以外でエクストラデッキに関する効果を持つカード

関連リンク

FAQ

Q:デュエル中、自分のエクストラデッキを確認することはできますか?
A:できます。(10/11/14)

Q:デュエル中、エクストラデッキをシャッフル、または任意にエクストラデッキのカードの位置を入れ替えることは可能ですか?
A:はい。可能です。
  また、一度フィールド上に出たモンスターが何らかの効果でエクストラデッキに戻る場合やペンデュラムモンスター表側表示でエクストラデッキに加える場合、任意の場所に戻す(加える)ことが可能です。(14/03/26)

Q:カードデッキの一番上置く効果モンスターを代わりにエクストラデッキに置く場合、エクストラデッキの一番上に置く必要がありますか?
A:いいえ、特に特定の場所に置く必要はありません。(14/03/30)

広告