エクストラデッキ/Extra Deck

 エクストラデッキとはメインのデッキとは別に用意する、特殊な方法で召喚する「融合モンスター」「シンクロモンスター」「エクシーズモンスター」「リンクモンスター」を集めたデッキの事です。
 メインのデッキとは別に15枚まで用意し、デュエルで使用する事ができます。
 (エクストラデッキの枚数は、メインのデッキの枚数には数えません。)
 エクストラデッキをデュエルで使用する場合は、デュエルの準備の時にエクストラデッキゾーンに裏向きで置いておきましょう。

 (公式ルールブック マスタールール(2020年4月1日改訂版)対応 バージョン 1.0 より引用)


  • アニメZEXALシリーズでは正式にエクストラデッキと呼称されるホルダーが存在している。
    その一方、ミザエルやギラグなどはメインデッキ内にオーバーハンドレッドナンバーズカードが存在している描写がある。
  • アニメARC-V公式HPの「熱血!デュエル塾」ではエクストラデッキは15枚という事が言及されているが、ARC-V本編で枚数制限に関して説明されたことはなかった。
    ただし、「遊矢vsユーリ」戦では、遊矢がエクストラデッキの状態を(記憶をもとに)確認しているシーンがあるが、その時のエクストラデッキには裏側表示モンスター15枚+表側ペンデュラムモンスター2枚が存在していることが確認できる。
    余談だが、アニメARC-V劇中で確認できる遊矢のエクストラデッキのモンスターはちょうど15種類である。
  • エクストラデッキの使用枚数の最大数は漫画ZEXALの「遊馬vsアストラル」戦でのアストラルとアニメVRAINSの「遊作/Playmaker vs Ai」戦でのPlaymakerが使用した15枚。
    前者のデュエルでは、13枚使用した後に追加で3体のNo.特殊召喚しようとしている事から、15枚を超えた枚数のエクストラデッキがあったと思われる(遊馬の妨害により結局2体に留まっている)。
  • 上述の通りアニメ・漫画内でエクストラデッキの枚数制限をはっきりと描写すると物語上の不都合が生じるが、かと言って無制限に使用すると現実のOCGとの乖離が激しくなる。
    1回の使用枚数を15枚以内に留めておくのは、ギリギリのラインでOCGルールでも矛盾が無いという整合性を合わせる事を意識されているのだろう。
  • 5D's以降の新たな召喚法が登場する作品では、該当のエクストラデッキに入るモンスターを持つ事がステータスとなっている描写がされる事がある。
    そういったカードは結構なレアカードでもあるとされ、ZEXAL1話では遊馬が「俺はモンスター・エクシーズを持ってない(ので早く手に入れたい)」という趣旨の発言をしている他、賭けの対象とされたり運良く落ちていたりしないか探しているキャラがいる、といった描写がある。
    ARC-Vのスタンダード次元においては、エクストラデッキのカードを扱える事がエリートであるような描写となっている。
    また、それぞれの次元の住人は、一部を除いて名前の召喚法に応じた(シンクロ次元ならシンクロモンスターカードしかエクストラデッキに存在していない。
  • 漫画5D's8巻巻末のデッキレシピ紹介では、全てのページで「エキストラデッキ」と誤って書かれている。
  • 劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は原作のアフターストーリーだが、融合デッキではなく「エクストラデッキ」と呼称している。

関連カード

 ※エクストラデッキに干渉するカードのうち、対象が融合シンクロエクシーズペンデュラムリンクモンスターのいずれかに限定されたカードは当該ページを参照。
 ただし、指定対象に現状では特定の種類のモンスターしか存在せず、結果として上記いずれかのみに限定されている場合は除く。

―エクストラデッキのカード特殊召喚する効果を持つカード

―エクストラデッキのカード墓地へ送るコスト効果を持つカード
 ※特筆が無い限り、墓地へ送る枚数は1度の発動で1枚であり、墓地へ送るカードを選ぶのは自分である。

カード名エクストラデッキ墓地へ送るカード備考(無表記は効果扱い)
《先史遺産トゥスパ・ロケット》自分先史遺産コスト
《剣闘獣アトリクス》剣闘獣コスト
《ゲール・ドグラ》任意のモンスター
《サイバー・ダーク・クロー》任意のモンスター
《宣告者の神巫》天使族
《月光彩雛》ムーンライトコスト
《Monster Express》対象モンスターと同じ種族
《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ》ジェムナイト
《デストーイ・クルーエル・ホエール》デストーイ
《オッドアイズ・アドベント》レベルを持つオッドアイズ
《オッドアイズ・フュージョン》オッドアイズ
《おろかな重葬》任意のモンスター
《天底の使徒》サーチサルベージ先の攻撃力以上のモンスター
《デストーイ・サンクチュアリ》デストーイ2体コスト
《影霊衣の万華鏡》レベルを持つモンスター
《覇王城》E−HEROコスト
《月光融合》ムーンライト
《ドラグマ・パニッシュメント》対象モンスターより攻撃力の高いモンスター
《融合破棄》融合モンスター
《エクシーズ・アヴェンジャー》相手任意の1枚または破壊したモンスターランク分のカード選ぶプレイヤーは条件で異なる
《妖精伝姫−カグヤ》効果の対象同名カード墓地へ送るかは相手が選べる
《龍大神》任意のカード選ぶのは相手
《ドラグニティナイト−トライデント》コストの枚数分のカード(最大3枚)
《星遺物が刻む傷痕》全て
《Pride of the Plunder Patroll》任意のカード
《教導の大神祇官》お互い自分カード名の異なるモンスター2枚
相手:任意のモンスター2枚
選ぶのはそのプレイヤー自身
《インフェルノイド・ティエラ》任意のカード3枚
《教導国家ドラグマ》任意のモンスター1枚
《レッド・ロイド・コール》自分または相手無効にしたカード同名カード全て

―エクストラデッキのカード表側表示除外するコスト効果召喚条件を持つカード
 ※特筆が無い限り、除外する枚数は1回の行動で1枚であり、除外するカードを選ぶのは自分である。

カード名エクストラデッキ除外するカード備考(無表記は効果扱い)
《EMエクストラ・シューター》自分任意のモンスターコスト
《精霊獣 ラムペンタ》霊獣
《リンクアップル》ランダムに選んだ裏側表示カード
《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》《サイバー・エンド・ドラゴン》1体召喚条件
《Sin スターダスト・ドラゴン》《スターダスト・ドラゴン》1体召喚条件
《BF−極光のアウロラ》BFシンクロモンスター1体
《アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン》任意のカード
(エクストラデッキから選ばない事も可能)
コスト
《デンジャラス・デストーイ・ナイトメアリー》デストーイコスト
《決闘竜 デュエル・リンク・ドラゴン》パワー・ツールシンクロモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族シンクロモンスターコスト
《HSR−GOMガン》風属性シンクロモンスターコスト
《シルバーヴァレット・ドラゴン》相手任意のカード
《浮幽さくら》効果自分エクストラデッキから公開したモンスター同名カード全て
《インフェルノイド・ベルフェゴル》任意のモンスター選ぶのは相手
《真竜皇リトスアジムD》任意のモンスター1〜3体(同名カードは1枚まで)
《氷獄龍 トリシューラ》任意のカード
《魔海城アイガイオン》ランダムに選んだ裏側表示モンスター
《エクストラゲート》宣言したレベルを持つモンスター選ぶのは相手
《武神決戦》選択した武神モンスター戦闘破壊したモンスター同名カード全て
《ベイオネット・パニッシャー》ランダムに選んだ裏側表示カード3枚
《魔界台本「火竜の住処」》(1):任意のモンスター3体
(2):任意のモンスター1体
(1)は相手が、(2)は自分が選ぶ
《怨邪帝ガイウス》自分相手効果除外した闇属性モンスター同名カード全て

―エクストラデッキのカード裏側表示で除外するコスト効果召喚条件を持つカード
 ※特筆が無い限り、除外する枚数は1回の行動で1枚であり、除外するカードを選ぶのは自分である。

カード名エクストラデッキ除外するカード備考(無表記は効果扱い)
《百万喰らいのグラットン》自分手札フィールドと合わせてカード5枚以上
(エクストラデッキから選ばない事も可能)
召喚条件
《機巧蛇−叢雲遠呂智》任意のカード3枚コスト
《強欲で金満な壺》ランダムに選んだカード3枚または6枚コスト
《No.89 電脳獣ディアブロシス》相手任意のカード

―エクストラデッキへ自身を戻す事で効果発動するカード

―エクストラデッキへ自身を戻す効果を持つカード

―エクストラデッキへモンスター戻す事で効果発動するカード

―エクストラデッキへモンスター戻す効果を持つカード

カード名起点戻すモンスター
《時空の落とし穴》フィールドモンスター
《魔導サイエンティスト》効果外テキスト融合モンスター
《融合解除》
《融合失敗》
《コンタクト・アウト》ネオス融合モンスター
《フォーム・チェンジ》HERO融合モンスター
《シンクロキャンセル》シンクロモンスター
《シンクロ・クラッカー》
《超勝負!》
《妨害電波》
《エクシーズ・オーバーディレイ》エクシーズモンスター
《連鎖召喚》
《エクシーズ・リベンジ・シャッフル》
《ナンバーズハンター》No.エクシーズモンスター
《古神クトグア》ランク4のエクシーズモンスター
《星遺物−『星鍵』》リンクモンスター
《クロック・リザード》墓地融合モンスター
《置換融合》
《デストーイ・サンクチュアリ》デストーイ融合モンスター
《デストーイ・リペアー》
《CNo.39 希望皇ホープレイV》エクシーズモンスター
《No.49 秘鳥フォーチュンチュン》
《エクシーズ・ソウル》
《剛鬼ムーンサルト》剛鬼リンクモンスター
《転生炎獣フォクサー》サラマングレイトリンクモンスター
《ドシン@イグニスター》サイバース族リンクモンスター
《転生炎獣Bバイソン》炎属性リンクモンスター
《ウォーターリヴァイアサン@イグニスター》リンクモンスター
《転生炎獣の炎虞》サラマングレイトリンクモンスター
《炎神−不知火》除外アンデット族シンクロモンスター
《魔海城アイガイオン》融合シンクロエクシーズモンスター
《魔救の奇石−ドラガイト》フィールド墓地水属性シンクロモンスター
《魔救の奇石−レオナイト》炎属性シンクロモンスター
《魔救の奇石−ラプタイト》風属性シンクロモンスター
《バウンドリンク》リンクモンスター
《SRヘキサソーサー》墓地除外風属性シンクロモンスター

―エクストラデッキの表側表示モンスターに関する効果を持つカード

―エクストラデッキのモンスター融合素材にできるカード

―エクストラデッキからの特殊召喚を全て制限するカード

―エクストラデッキからの特殊召喚を一部制限するカード
※括弧内は特殊召喚できるカード

―エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに関する効果を持つカード

―上記以外でエクストラデッキに関する効果を持つカード

関連リンク

FAQ

Q:デュエル中、自分のエクストラデッキを確認することはできますか?
A:できます。(10/11/14)

Q:デュエル中、エクストラデッキをシャッフル、または任意にエクストラデッキのカードの位置を入れ替えることは可能ですか?
A:はい、可能です。
  また、一度フィールドに出たモンスターが何らかの効果でエクストラデッキに戻る場合やペンデュラムモンスター表側表示でエクストラデッキに加える場合、任意の場所に戻す(加える)ことが可能です。(14/03/26)

Q:カードデッキの一番上置く効果モンスターを代わりにエクストラデッキに置く場合、エクストラデッキの一番上に置く必要がありますか?
A:いいえ、特に特定の場所に置く必要はありません。(14/03/30)

広告