レベル/Level

公式ルールブック解説

 モンスターのレベルを表しています。
 レベルが高いほど強力なモンスターである事を示しています。

 (公式ルールブック 新マスタールール対応 バージョン1.0 より引用)

説明

 レベルとは「水平」「水準」を意味し、転じて多くの作品ではキャラクターの強さを表す指標として使われる。
 ただし、遊戯王では単なる強さの指標ではなく、その数値を変動させてシンクロ召喚エクシーズ召喚に使用するなど、戦術に深く取り込まれたものとなっている。

 実物のモンスターカードでは、カード名枠とイラスト枠の間に赤い丸で囲まれた星印として印刷されている。
 この星印は右側から12個まで記載されており、その個数がそのモンスターのレベル(元々のレベル)となる(最大数の12個の場合は印刷が全体的に右にずれている)。
 星印の記載がないカードの場合、リンクモンスターはレベルが存在しない(レベル0でもない)事を意味し、それ以外は効果外テキストで1以上のレベルを持つ事が明記される(《アルティマヤ・ツィオルキン》等)。
 なお、エクシーズモンスターは左側から黒い丸で囲まれた星印が並んでいるが、これはレベルではなく「ランク」であり、エクシーズモンスターは全てレベルが存在しない。
 また、シンクロモンスターは2体以上のモンスターのレベルを合算するというシステム上、元々のレベルが1のモンスターは長らく存在しなかったが、レベルの合計ではなく差分を取るという形で《ベアルクティ−ポラリィ》が登場した。

 ちなみに、ルール上のレベルの上限はないのだが、元々のレベル(星印)が12までしかない事を踏まえてか、フォーチュンレディなどの効果はレベル12が上限、アニメ5D'sのアンチノミーはレベル12の《TG ハルバード・キャノン》の口上で「レベルマックス」と表現、アニメZEXALII(セカンド)のエリファスは「デュエルモンスターズの最高レベルは12」、アニメARC-Vのメリッサは《A BF−神立のオニマル》シンクロ召喚された際に「最高レベルのシンクロ召喚だ〜!」と発言するなどしている。
 また、効果でレベルを指定する際も長らく12を超える事はなかったが、EXTRA PACK 2018《F.A.ホームトランスポーター》で初めて13以上を指定されるようになった。
 更に、第11期にはテキスト上でレベル13モンスターを正規の素材として指定する《CiNo.1000 夢幻虚光神ヌメロニアス・ヌメロニア》も登場した。

  • レベルに関するルールについて。
  • レベルを増減させる効果を同じモンスターに複数適用した場合、それらの効果は累積する。
    つまり、2つ目以降の効果は1つ前の効果で増減していたレベルの数値から、更に増減させるという事である。
    なお、レベルの増減に期限がある効果が含まれている場合、期限を迎えた時にはその効果で増減していた分だけ元に戻る。
  • 遊戯王Rではモンスター1体のレベルを0〜8に変更できる魔法カード《レベル・アワード》が登場しているため、レベル0がルール上存在している。
  • アニメ5D'sではレベルがマイナスである「ダークシンクロモンスター」が登場した。
    カード上では青い星のマークがカードの左側に並んで描かれている。
    また、ディマクはレベルをプラスからマイナスに変える通常魔法《ダーク・ウェーブ》を使用している。
  • アニメ版「バトルシティ編」の「闇遊戯vs人形(マリク)」戦では《クリボー》のレベルがなかった。
  • アニメVRAINSではレベルが重視されないリンク召喚が主要な召喚法であるためか、攻撃力守備力が表示される場面においてもレベルが表示されなくなった。
  • コナミのゲーム作品において―
    ゲーム作品ではDM2で初搭載されたが、この時はカードのコストを表していた。
    この作品には、プレイヤーの強さを表す「デュエリストレベル」と、デッキに入れられるカードの強さ上限を表す「デッキキャパシティ」が存在する。
    自身のデュエリストレベルを上回るレベルのカードデッキに投入できず、デッキ内のレベルの合計は自身のデッキキャパシティより低くする必要があった。
    なお、OCGとは数値の決め方が全く異なっており、《青眼の白龍》はレベル55、《巨大化》はレベル255など、全体的に凄まじく数値が高い。
    通常のモンスターは「攻守の合計÷100」がレベルとなっているため、「攻守バランス型は無駄にレベルが上がる」と言う点は当時のOCGと同じである。
    DM3以降のゲームでは、OCGと同じくレベルは生け贄の数を表す数値となり、デッキキャパシティに影響するのは「コスト」という別の数値になった。
  • マスターデュエルでは表示されるレベルの上限が99であり、それ以上の数字になった場合表記上は「99+」となる(効果などでは実際の数値が参照される)。
    なお、最大値は32767となっている。

関連カード

レベルを変化させる効果を持つカード

―レベルを上げる

―レベルを下げる

―レベルを10にする

―レベルを9にする

―レベルを8にする

―レベルを7にする

―レベルを6にする

―レベルを5にする

―レベルを4にする

―レベルを3にする

―レベルを2にする

―レベルを1にする

―レベルを特定のモンスターと同じにする

―レベルを特定のモンスターのレベルを合計した数値にする

―レベルを特定の数値にする

―レベルを任意の数値にする

―レベルを特定の数値として扱う(厳密にはレベルを変化させているわけではない)

―レベルをサイコロの出た目と同じにする

―レベルを元々の数値にする

レベルの関係する効果を持つカード

※が付いているのはレベル以外に指定があるカード

―レベルの合計12対象

―レベルの合計10対象

−レベルの合計9対象

―レベルの合計8以上対象

―レベルの合計8対象

―レベルの合計8以下対象

―レベルの合計7対象

―レベルの合計6対象

―レベルの合計3対象

―レベルの合計2以上対象

―レベルの合計2以下対象

―レベル13以上対象

―レベル11以上対象

―レベル11対象

―レベル11以下対象

―レベル10以上対象

―レベル10対象

―レベル10以下対象

―レベル9以上対象

―レベル9対象

―レベル9以下対象

―レベル8以上対象

―レベル8対象

―レベル8以下対象

―レベル8以外対象

―レベル7以上対象

―レベル7対象

―レベル7以下対象

―レベル6以上対象

―レベル6対象

―レベル6以下対象

―レベル5以上対象

―レベル5対象

―レベル5以下対象

―レベル5以外対象

―レベル4以上対象

―レベル4対象

―レベル4以下対象

―レベル4以外対象

―レベル3以上対象

―レベル3対象

―レベル3以下対象

―レベル2以上対象

―レベル2対象

―レベル2以下対象

―レベル1対象

―レベル1以外対象

レベルの関係する召喚条件を持つカード

※が付いているのはレベル以外に指定があるカード

―レベルの合計12以上対象

―レベルの合計10以上対象

―レベル12対象

―レベル11対象

―レベル10対象

―レベル9対象

―レベル8以上対象

―レベル8対象

―レベル8以下対象

―レベル7以上対象

―レベル7対象

―レベル6以上対象

―レベル6対象

―レベル5以上対象

―レベル5対象

―レベル5以下対象

―レベル4対象

―レベル4以下対象

―レベル3以上対象

―レベル3対象

―レベル3以下対象

―レベル2以上対象

―レベル2対象

―レベル2以下対象

―レベル1対象

レベルが存在しないカード

レベルを持たないモンスターに関するカード

関連リンク

FAQ

Q:《メカ・ハンター》《強化蘇生》特殊召喚されています。
  この状態で《マーシャリング・フィールド》の(2)の効果を「9」を宣言発動しました。
  その後、《強化蘇生》破壊された場合、《メカ・ハンター》のレベルはどうなりますか?
A:まず、《強化蘇生》によりレベル5となっています。
  その状態で《マーシャリング・フィールド》の(2)の効果を「9」を宣言発動するとレベル9になります。
  その後、《強化蘇生》破壊されてもレベル9のままです。(19/05/19)

Q:エクシーズモンスターリンクモンスター対象《スター・チェンジャー》発動できますか?
A:いいえ、発動することができません。(18/04/22)

Q:エクシーズモンスターリンクモンスター対象《シンクロ・ヒーロー》《降格処分》発動装備することができますか?
A:はい、発動装備することができます。(18/04/22)

広告